満開の桜と美しい馬

今年の4月で宝塚歌劇団が創立100周年、というニュースを最近テレビでやっていたけれど、確かにあの一大イベントがあった数日間は、宝塚駅周辺も賑やかで華やかだった
もちろんあの伝説のスター達が夢の共演をしたステージのチケットなんてもちろん持っているはずもなく、初日の様子はもちろんニュースや情報番組で
だから知り合いから「阪神競馬場のとこの桜が満開で綺麗だよ!」と聞いて、私たちは週末、大劇場ではなく競馬場に出かけてみることにした
競馬場は私も相方君も初めてで、駅から競馬場に向かう通路設備の立派さに、「さすが儲かってるな〜」と感心してしまった。
桜花賞の一週間前の土曜ということもあって、午前中から来る人なんてそう多くもなく、むしろ見かけるのはいかにもな雰囲気の方々が殆ど
みんな競馬新聞持ってまずはレース前に馬がぐるぐる歩くところ...パドック?で真剣にお馬さんをチェックしている
私たちは公園スペースへ移動してベンチやゴミ箱も豊富に設置された広場で新阪急ホテルの美味しいお弁当に満足
これだけ整備されてたら公園としても快適だわ。
でもせっかくだから競馬場の芝とか見てみようか、としばらくしてブラブラと芝が見える方へ歩いてみた。
スタートゲートは、馬が興奮しないためか観客席からかなり離れた、結果が表示される大きなパネルの向こう側にあって、見えないようになっているんですね。
テレビ中継ではわからなかったけど。
で、ファンファーレが鳴って、何レース目かが始まった。
スタートすると間もなく遥か遠くに綺麗なサラブレッド達が一斉に疾走する姿が見え始めるのだが、これが何ともかっこよくて
外に出て見てる人も少なかったので、ゴールのすぐ手前のフェンスにしがみついて、一番スピード出てるレースの様子を思わず激写


そしてあっという間にゴールへ。



ヒヅメの音がどどっどどっと響き渡って、それはすごい迫力だった
そして馬ってやっぱりかわいいな〜。速いな〜。


桜満開〜
いくら感動したとはいえこの日を境に競馬場通いをする事にはなりませんけど、生でみた馬のレースの迫力はなかなかのものだった
そしてお客さんを観察してみると、割と身だしなみのこ綺麗なおばあさん、普通にきれいでバリバリ働いてそうなOL風、と意外な感じの人がひとりで新聞片手に熱心にレース見てて...思わずインタビューしたくなった
馬が好きなんですか、それともギャンブルがお好きで?週末はいつもここに?
いやあまりにも、いかにもって感じの人と雰囲気違うんで...
なんだか社会科見学しちゃったな〜。
割と近くで毎週あんな特殊な世界が繰り広げられてるなんて...,
そして現実世界に戻って電車で数駅。
地元に戻ってきたらいつもと明らかに違う改札口の雰囲気。
駅周辺がお祭りのよう。
これ、もしかしてもうひとつの特殊な世界
勘のいい私たちはまっすぐ帰らず、あの場所へ向かってみることにした。
もちろん花の道を通って...つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベランダにも春が。

冬に植えた球根が、長い土の中の暮らしを終えてとうとう地上に登場!



今年も可愛いです愛らしいです


今年はムスカリよりもチューリップの方が早く目覚めたかな?
青空のもとですくっと伸びてます

歩けば沈丁花の香りがするし、桜やモクレンの花がヒラヒラ揺れて、本当に気持ちのいい季節

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜満開の季節に再会

桜が満開ですね〜
時々雨も降るけれど、寒がりの私にとっては気温が上がるのが何より嬉しく、アクティブモードが一気にON
と、それと直接関係はないけれど、先日高校時代の部活の同期会の為に実家に行った。
2月の雨の日に、母が道路で倒れて口を切ってしまいずっと閉じこもっていたので様子見も兼ねて、という感じになった
だいぶ元気になっていたので、足がダメにならないように、気分転換になるようにと一番天気の良さそうな金曜日に六義園へ枝垂れ桜を見にいってみた


もう本当に見事。外国人旅行者も興奮してたくさん写真を撮ってるし



ゆっくりゆっくり見て回れる庭園というのは、スローリーな母との散歩にびったり(^^)
まずは気分転換バッチリできたという感じ。
外出の再開もそうだけど、何より出かけるのが恐くなってしまうとまずいからね

さてもうひとつのトピックスである同期会は、そもそも今年のお正月休みに卒業以来初めての学年同窓会がきっかけだった。
すごーく楽しい高校だったので、盛り上がりも想像以上だったのだけど、やはりその時だけでは時間が足りない
私のいた吹奏楽部は、現役生の定期演奏会が3月にあるからその時集まろう、って事になったのだった。
子供なりに苦楽を共にした(って程でもないが)仲間とは、今さら気取る訳もなく、昔みたいにみんなで演奏会を聴いて、みんなで不二家に行って...というのは高校時代の話しで、今はもちろん飲み会で
そのあとおしゃれなBARに行って更にカラオケに行ってしまった
弾け過ぎ
しかしさすがは音楽集団。完璧にハモった「仮面舞踏会」「カナダからの手紙」を私は初めて聴いたわ
私とパーカッションパートの親友はタンバリンをプロ並みに叩いたわ
「今日は健康と介護の話しは辞めようね」と誓って過ごした楽しい数時間、しばらく陽気に暮らせそうなパワーをもらいました



| | コメント (0) | トラックバック (0)

またひとつ歳をとってブログ再開

いつになく今年の3月は寒さが続きます...と唐突に再開しましたが、まずはお久しぶりでございます
このブログ更新が途切れてしまった昨年秋以降、何やら色々忙しかった
特に時間を取られたのは勉強に関する部分で、夏のスクーリングに続き大阪に毎週一度受講するスクーリングにもチャレンジしたり、みんなでやっている勉強会の運営に携わる事になって事務仕事が増えたり。
そしてこの半年位でずいぶん沢山の友人達との再会の機会があって、遠くに住んでいても近況を伝えあえるツールも開通。
となると、四国に住んでいた時みたいにブログで一生懸命「私は元気だよ」と伝えなくても大丈夫になった気もしてしまって...
しかしやはり書きたい事は山盛り
久々に旅行で新しい場所にも行った
ので、無理せずぼちぼち書いていきます

まずは毎年この日の嬉しいサプライズ
親友からのプレゼントは、観葉植物的なプリザーブドフラワー
初めて見たわ〜



| | コメント (2) | トラックバック (0)

秋の始めのガーデニングはお手入れから。

週末は久しぶりにベランダでガーデニング
ガーデニングというと、ハーブ苗をプランターに植えて...なんて素敵なイメージもあるけれど、植え付け以外にやらなきゃいけない作業がたくさん
季節の変わり目を実際肌で感じる時期になったら必ずしないとダメな花たちのお手入れ。
まずは、土の表面がちょっと粘土っぽくなって水はけ悪そうな鉢に注目。
よく園芸番組で言われる「ひとまわり大きな鉢に植え替え」をしちゃうと株が大きくなっちゃうからそのままにしてるものも、一旦鉢からカパッと外して土をほじほじ・・・。
やっぱり土が硬く粘着質な感じになって、根にひっついちゃってる感じ
フォークの形をした器具で根を痛めないように、土を剥がしていくと、むむっ、ムシの幼虫がいたりしてひょえ〜
いまいち葉や花が茂ってこないのはこいつらのせいかとか思いながら、相方君とふたり、地味な作業をがんばる。
他にも土の表面に生えてくる雑草を片っ端から抜いたり、黄色くなっちゃった葉を摘んだり、とにかく全体的に鉢を綺麗にしていくのがポイント
腰も肩も疲れたけれど、ついでに秋から冬に向けての新しい苗も植えつけて、しばらくは成長見守りの時期
手入れをしてつくづく感じたけれど、今夏は私の不在も長かったし、暑さも半端なく、本当に植物が弱ってしまった(>_<)反省。
それでも枯れずに小さく新芽を出したりしてるのを見つけると、もうホントにかわいいんだからー
と、はしゃぎたくなる初秋のベランダ

1380712756999.jpg
メドウセージ成長しましたp(^_^)q

1380712759336.jpg
ニューカマーのダリア(^ ^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日の夜は•••

昨夜はNHKの夜のニュースが、楽天の優勝する瞬間を生で放送してくれて、また感動してしまった
野球の場合、サッカーと違って優勝する寸前までも、息を飲んでピッチャーが投げるまでの「間」をみんなで見守る感じがありますよねー
そしてマー君、甲子園の時みたいにまさに気持ちで投げててすごくよかったドラマ見てるみたいだった。
東北唯一の球団がいま優勝するという事が、どれほどその地の人たちに力を与えてくれるかと考えると、楽天ナインがんばった、えらかったとおばさん褒めてあげたいわ
そしてこの夏、スクーリングの最中に仙台の方とお友達になったので、おめでとうメールも送信
大教室の時に前後の席で少し話しただけだったのだけど、その後偶然別の場所で再会。
一緒にお昼を食べて、少し震災後の話しを聞かせてもらった。
とにかく価値観が180度変わったんですよ、もう命以外大切なものなんてないくらい。
ちょっと高価な食器なんて全部割れちゃったし、家中片づけるのにほぼ1ヶ月半、その作業だけやってたら頭が変になっちゃって、片づけが終わってすぐに通信の勉強再開したんですよー...と、ニコニコ朗らかにおっしゃるそのお話しを、私はどんな顔するのがいいのかわからないまま聞いていた。
話しには聞いていたけど、東北の人は本当に我慢強いし芯が強い。
スクーリングの目的はもちろん勉強だけど、3回目の今回は、こんな新しい出会いがあって有意義さも倍返しという感じだ(・・・返しではないか⁈)
楽天の優勝は、薄れてしまってはいけないけど薄れてしまいそうな東北への暖かい眼差しを、もう一度強くするいいきっかけだ。
そのうち足も向けなければ、東北へ。

1380255521204.jpg
我が家のブーゲンビリアは今から。

1380255526754.jpg
アスターもがんばってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

夏の終わり、秋の始まり。

部屋の隅に放置したまま、いつか片づけなきゃ...と思っていたスーツケースのように見ないふりをしていたこのブログ、ごめんなさい
遠くに住んでいる友だち達が私の事を忘れないでいてくれるのも、ここに書く事で今までより映画や本や旅先のことをよーく記憶していられるのも、会った事のない方々と交流できるのも全てこのブログのおかげなのに...深く反省です。
やっとやっと時間と気持ちに余裕ができてきたので再開!今度こそちゃんと再開!
しかしとにかく今年の8月は忙しかったここ数年で最も慌ただしかった
あまりにスケジュールを詰め込み過ぎ、予定を間違えないようにこなすのが精一杯だったってとこに若干年齢を感じるけれど、やってることは20年くらい若返っちゃってた
そう。私の2013年夏は「ベンキョーの夏、サザンの夏」だったのですよ
東へ出かけ1週間大学生になり、慌てて西に戻ってきて神戸のサザン野外ライブに行き、そして再び東へ行き大学生活第二弾を過ごし、とわざわざ無理なスケジュールにトライする自分
もちろんどれもこれも後悔なし!のイベントばかりだったし、毎日夢中になって過ごしていたせいで、一気に酷暑を乗り越えられたような気さえする。
しかし一方で、ほぼ一人暮らしだった相方君には色々迷惑もかけたと思うし、実家の両親もきっとミニ台風が上陸していた気がしたに違いない。
今朝、急に下がった気温を感じ、長らく関西に居座ってた残暑もとうとう去り秋が始まったんだな、と思った時に、自分の大はしゃぎサマーを許してくれた家族に深ーく深ーく感謝し直したのでした
えーっとそのサザンの様子やスクーリングの細かい報告は次回以降ゆっくり振り返っていきますよー。
そろそろまたレポートに取りかからなければ

1380169706455.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おはようカサブランカ

6時半でも既にベランダが輝いている今日この頃、要は朝っぱらから太陽ギラギラって話しですが...水やりも少々億劫になっていた
とにかく早い時間に終えないと、汗が目に入り背中にジリジリと太陽が照りつけるんだもの
でも今朝はとくべつ嬉しい発見が
とうとうカサブランカが一輪咲いたのだ

1373624780969.jpg
東寺の弘法市で小さい苗を買ってから3年目。
今年は蕾の数が一番多いような気がする
でも蕾ができてからなかなか膨らんでこなかったし、2週間ほど前はずーっと大雨だったし。
それに雨のあと気温が急に上がると、せっかく咲く直前までいったのにアブラムシにやられちゃうなんて事が百合にはよくある
今年は時間はかかったけどうまくいったみたいだ。
人間には激しすぎるこんな気候のどこがよかったのかな?
寒暖の差がちょうどよかった?
あれくらいの雨がよかった?
お花にぜひとも尋ねてみたいところだけど
そして百合が何より魅力的なところはやはりその香り
この蕾がみんな開いたら、きっとベランダがいい香りで満たされるなー楽しみだ
昨年も満開になったら一番手前まで移動して、しょっちゅう鼻をクンクンさせて癒されていたのだった。怪しいけれどやめられないのだ

1373624783343.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

試験終わった〜!

とは言っても1科目の受験ではありましたが・・・
今年の七夕は定期試験だったのだ。
先週は毎日大雨か猛烈な暑さで、とてもお出かけするような気候でなかったから毎日机に向かって勉強するしか•••というわけでもなく、試験前に唯一大切なアポ、いやイベント、いや約束だけは実行してしまった
それは映画「真夏の方程式」を見に行くこと
親に隠れて友だちと繁華街に行く中学生のようは後ろめたさを持って、なんとなく相方君にもこそこそと出かけた梅田の映画館、公開一週目。
コンサートも一緒に行く程のお友だちとでさえ「ドラマがアレだったから映画は少し感動できるといいよね」的姿勢で鑑賞しましたが...すごくよかった
ガリレオはやっぱりドラマに比べて映画が断然いいな
それはもちろんましゃの顔があの大スクリーンに大写しという点はさておいたとしても、作品全体の雰囲気がすごくよくまとまってる気がした。
映像はまさに「真夏の」という雰囲気。
夏休み、海、日焼けした子供、海辺の民宿、自由研究・・・誰もが知ってるそんな平和そうなパーツが揃っているのに、湯川先生が関わるのは、複雑な背景を持った殺人事件。
そして今回も「容疑者Xの献身」と同じような、人間のせつなさ、悲しみが描かれてる。
やはり原作がいいのだろうなー
そして観た人の殆どがきっと高い評価をしたのが、杏ちゃん(あんちゅわ〜ん)の好演だろう。
杏ちゃんこそ海女ちゃんだったんじゃなかろうかという日焼けした笑顔&しなやかな潜りっぷり。
少し憂いを秘めた感じも役柄にぴったりだった。
これはやっぱり早く観にきてよかった*\(^o^)/*と満足感たっぷりになったが、この日はこれでは終わりませんでした
何を隠そうこの日は大阪舞台挨拶で、ましゃ達が大阪にやって来ている日。
チケットは外れてしまってたけれど、せめて同じ映画館で別の回のを...という乙女な行動でこの日を選んだのだ。
映画館のビルを出て歩いていたら、映画館の駐車場への入り待ちをしている人々がたくさん!
もしや間もなくやって来る?
お察しのとおり、我らは少しだけそこで待ってしまった。
やがて期待通り彼はやって来て、スモークガラス越しに大きく手を降ってくれたのを間近に見て、「おぉさっきスクリーンの中にいた人が目の前に」と興奮しながら帰った
周りがみな女子だったので、頭一つ出ている私がましゃにはたぶん見えたと思う、と何人かに言ったら「みんなそう言ってると思うよ」と全員同じ反応だった
しかしこれはヨン様ファンのマダムの行動に似て来てはいないだろうか
エスカレートはしないと思うけど。
まあ、そのあと夕方までには帰って、そのドーパミン出まくりの頭で試験勉強がはかどったので、まだ大丈夫...かな?
とにかく映画もよかったし、試験も無事乗り越えられた。めでたしめでたし

1373279681244.jpg
インパチェンス「カリフォルニアローズ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨上がりのベランダに

新しい一週間が始まる月曜朝なのに、今朝もどんより雨が降りそう...と思っていたら9時頃からみるみる明るくなってきた
久しぶりに明るく照らされたベランダには、一気に咲き出したアガパンサスの薄紫の花が

1372057247428.jpg
今年はどんな種類の花も蕾の数が多い
アガパンサスもここ数年で一番花数が多いみたい。
アガパンサスには大と小があって、こちらが大きい花。
1372057249004.jpg

そしてこの右側にあるのが小さい方。


1372057250263.jpg
実家から株分けしてもらって、更にそれぞれ二鉢に株分けして9回も咲いているから、さすがにもう身内同然
しかしたまには貴方のこともっとよく知りましょ、と調べたらギリシャ語で愛の花、という意味なのだそうだ
そして花言葉は...。
花言葉って、「今日の星占い」のように紹介してるサイトによって複数あるのですね
「知的な装い」に「恋の訪れ」って、何だか全然違うんですけど
うん、でも確かにこんな素敵な色にすっとした立ち姿は「知的な装い」な感じではありますね
そしてアガパンサスが終わるころには、きっとカサブランカが登場予定

1372057251385.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«やっぱりドラマが好き