« 来年の大河ドラマの配役に注目。 | トップページ | 四万十川に行く前に、カツオ。 »

四万十川経由神奈川、そしてさぬき。怒涛の10日間。

ずいぶん更新をサボってしまいました

いやあ何というかめまぐるしく10日間位がたってしまい、その間パソコンにゆっくり向き合う時間が取れなかった次第でして・・・。

そうそう前回書いた通り、海の日の連休は四万十川で予定通りカヌー体験

1泊2日で帰ってきて、月曜日は筋肉痛に苦しみながらのんびり過ごすつもりだったのだけれど、急遽実家に帰省することになってしまったのだ。

関東地方はずっと雨が続き、何だか体調にもあまりよくないな~とはうすうす感じでいたものの、先々週のある日、実家に電話をすると母が寝込んでいる、と父。

全く親というものは、入院でもしない限り、悪い事では自分から連絡してこないものなのですよね

もう3日目だよ、と言われびっくりするものの、そう悪いわけじゃないんで来なくて大丈夫、と言われてしまうと、私の方はどうしよう状態になる。

1日置いてやっぱり一度様子を見に顔出すよ、と電話をしたところ、何と今度は親戚に不幸があり、少し元気になった母含め、両親とも「ちょっとバタバタしているので少したってからね」との事で、私は更にどうしていいかわからない状態に

なんか遠くにいるだけの役立たず娘。。。でも勝手に行ったりすると返って迷惑かけそうだと思いちょっと待機。でも四万十川は予約してるから週末はいけない・・・と葛藤したりして。

冠婚葬祭特有の親戚付き合いというか、失礼のない様気を張って数日間過ごした両親達も、一段落というところで「ちょっと息抜きしたいから顔見せて」とお呼びがかかったので、カヌーから帰ってきた翌日、私は急遽JALに乗り、実家に帰った次第なのです

母は、まだあまり元気が出ないというものの、やはり家族が集まって(妹も来たので)食卓を囲んだりして、ホッとしたのか明るさを取り戻し、あれやこれやよもやま話しをずーっと私にするので、徹子の部屋のようにひたすら聞いてあげた。

親戚やご近所との付き合いって、冠婚葬祭の時こそ真の能力を問われるというか、やっぱり母の世代のようにご近所の家族構成がどうで、ずっと昔に祖父の時にお香典をもらっていて、とか、結構長年に渡り情報をきちんと管理する人が身内にひとり必要なのだなあと、あらためて感じてしまう。それがやっぱりお母さんなのね。

今回は、両親と同世代の親戚の不幸だった為、私と同世代の若夫婦(若くもないけど)がとりしきらないといけず、更にひとりっ子だったから色々頼られて大変だったみたいだ。

うちの両親が相当フォローして無事終えたそうだったけれど、私だって、急に親の不幸があったとして(物騒な仮定だけれど)、くまなく親戚・交友関係に知らしめ、つつがなく進められるかなあと思うと当然自信がない。実際問題年齢の割りには未熟なのだと痛感してしまう。

実家には月曜~金曜日まで行っていて、その間、父のリクエストにより、母を慰安旅行へ連れ出したり、夕飯を作ったりと多少娘らしきことをして帰ってきた。

そして帰ってきた翌日、つまり先週の土曜日、私はさぬき市へ行われた野外コンサートのチケットも予約していたのであった。

ああ、なんでこんなに遊びの予定を詰め込んでたんだろう

そりゃあもちろん行きました。そして日曜日はさすがにダウン。やっと復活した月曜日、というわけなのだ。

カヌーの話しも、野外ライブの話しも、またおいおい報告します~

444

お部屋がムシムシするので、気分転換にお花を飾ってみました。デルフィニウムと白いバラ

|

« 来年の大河ドラマの配役に注目。 | トップページ | 四万十川に行く前に、カツオ。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おかえりなさ~い。
四万十川へ行かれたあと、ひょっとしてカヌーでなにやら?!などと関西方面から勝手にあれやこれや想像したりしておりましたが、ほんとにハードな10日間を過ごされてたんですねぇ。
ご実家へも帰省されたとのこと。ご両親も優しい娘さんと充実の時を過ごされたご様子で何よりですね
それにしても親戚やご近所とのお付き合いって、冠婚葬祭の時にモワっと表面化するもんですよねぇ。
必ず訪れる その時を思うと、どうしたものかと私も時々考えたりゾっとしたり…。
何より今は、いつまでも健やかに過ごしていてくれることを望むばかりですが

投稿: おけいはん | 2009年7月27日 (月) 21時39分

おけいはんさん、お久しぶりです。
中間報告をせず更新をサボっていたので、あらぬご心配をおかけしてしまいましたね
カヌーはとっても安全な乗り物だったので、筋肉痛以外は何ともありませんでした
今回は何も手伝いできなかった娘だったので、果たして両親の役にたったのかどうか不明ですが、もう少ししっかりしないとな~と、揺れる機内(帰りの飛行機が揺れて)の中で気を引き締めたところです。

投稿: ソックスモンキー | 2009年7月28日 (火) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 四万十川経由神奈川、そしてさぬき。怒涛の10日間。:

« 来年の大河ドラマの配役に注目。 | トップページ | 四万十川に行く前に、カツオ。 »