« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

よしこさん

ローカルニュースを見ていると、たまにものすごく笑える内容を真剣に伝えていることがあって、数日前もこんなニュースに出会った。
それは「琵琶湖で巨大なあの魚が・・・」というもの。
あの魚、というのは金魚。一番メジャーなあの紅い(というかオレンジ色?)金魚で、なんと体長46センチのものが釣れたのだそうだ。
映像で見ても、大きさは日本庭園などでみる鯉風ではあるが、形がまるっきり金魚なのですごくおかしい。
他の金魚と一緒にいるとひとりだけガリバー状態だ。
そのニュースでは、記者さんが真面目に琵琶湖博物館の魚類専門家に話を聞きにいった。
「琵琶湖に金魚が生息しているというのは?」
「・・・・んなことあるわけないでしょう。」
玉砕なのはわかっていてちゃんと裏付け取るために一応聞いてみました、という感じ。
想像に難しくないが、おそらく誰か飼っていた人が湖に放してしまい、安全で食べ物がたっぷりある場所で、元気に大きくなったのではということであった。
と、ここまでだとせいぜいナニコレ珍百景の世界だが、このニュースの締めはこうだった。
「釣った人は、この金魚に妻と同じ名前、よしこさんと名付けしばらく自宅で飼うとのことです」
・・・大爆笑であるhappy02
スタジオのキャスター陣も笑いをこらえるのに必死。テロップでもちゃんと「よしこさん」とか表示されてるし。
この巨大な体、存在感を持つ生き物に奥さんの名前をつけるのって・・・smile
よしこさんとこのご主人の間に問題がおきないといいけど・・と祈りつつ、楽しく夕飯の支度に取り掛かることができましたwink

<今日のベランダ>
Dsc04817

水仙が次々に咲き出しました。



Dsc04818
クリスマスローズの白いのも花が増えてheart03




| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪場所を生観戦!のつづき

昨日書いていて興奮しすぎてしまった大阪場所の続きです。
さて、入場券を入り口でもぎってくれたのが既にどなたか親方で、とにかくそこここに体格のいいスーツを着た人(親方衆)や着物の人(付け人さん)、ふんどしの人(出場する力士ですね)がいて、自分が多少小さくなった気がして楽しいnote
平成の大横綱その1として、大人気だった貴乃花だが、私自身はそんなに大ファンというわけではなかった。
やっぱり現役時代あまりに騒がれすぎてたし、お家騒動も何度となくあったし、やっぱりちょっと変わってる人なんじゃないかなーなんて勝手に。
しかし、しかしです。今場所のサービス企画とかで、毎日貴乃花親方が入場したファンと握手して写真も撮ってくれる、というので行ってみると・・・
気が優しくて力持ち、とはこういう人のことを言うんだな、と納得。

私よりずいぶん年下なのに年下とは思えないような、そんな立派な親方だったshine
ひとりづつにたっぷり時間をかけて握手やサイン、お約束である子供だったら抱き上げてあげる、のサービスをするのでかなり行列は長くなってしまっていた。
そして行列の脇では、別の数人の親方が「どすごいボランティアチーム」という結成してチャリティーグッズの販売を元気よくしているdelicious
お~岩木山も親方としてがんばってる~。タオルを購入したら、コンビニのお兄さんみたいに「ありがとうございました~」と言われたよー。
ロビーはかなり寒くて、みんななかなか進まないのでだんだんスタッフからも巻きが入りはじめたから、私たちも急ぎめで歩みよったのだが・・・対面した瞬間から「こんにちわ~おまたせしました~」と貴乃花親方自ら進んでがっちり握手happy01
そしてなぜかデジカメのストロボが突然壊れてしまい、おろおろしてしていたら「大丈夫ですよー急がないで」と言ってくれて、スマホで撮りなおすのも「今度は大丈夫かな?」と何度も聞いてくれた。
なんとなく仲良し3人組のように片寄せあって取った写真は、一体どうやって永久保存しようweep
チャリティータオルにも丁寧にサインをしてくれて、最後にもいちど握手をしてくれた貴乃花は最後までジェントルマンだったぞー。
テレビでは、ちょっと考えてからゆっくり話す印象だけれど、実際には普通の感じのいいお兄さん、という話し方だった。
Dsc04816

これは家宝に。



ちょっと貴乃花の事でスペースを取りすぎたけれど、これだけでも現地に行って観戦してよかったなーと感じたことで。
その後、トイレに行ったら通路で北の湖理事長に会うし、高見盛や武蔵丸が出てくるし、座席に着く以前にもうきょろきょろしちゃって落ち着かない。
大阪場所、最高やんかconfident
そんな中、私が貴乃花の次に「!!!」と興奮したのは、引き上げてくる花道のところでスタンバイしているNHKのアナウンサー。
ミスターオリンピック中継、刈屋さんなのだったlovely
あの「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ」の実況をしたあの刈屋アナウンサー(今は解説委員)が目の前にheart04

私は刈屋さんの大ファンでもあるのだ。
実況や花道のインタビューは日替わりでローテーションしているが、刈屋さんが花道担当の日は、インタビュールームでのやりとりがいつも楽しみ。
どんなにものを言わない力士でも、何となく口を開かせてしまう柔らかさがあるので、「このお相撲さん、こんな風に笑うんだー」とかいつも意外な瞬間を見られて面白い。
私が観察した限り、刈屋さんはひたすらじーっとモニターを見つけ続け、手元に抱えたファイルを確認し、いつでもだれにでもすぐにインタビューできるよう集中していらした。
おそらくNHKのスポーツ中継でもトップに位置するアナウンサーさんだが、一記者のように緊張感を持って現場で頑張っているのが本当に素敵で、本日二度目の「惚れてまうやろー」であった。
それでは最後に、幕内力士の土俵入り、連続画像でお楽しみください。
Dsc04821 Dsc04822 Dsc04823 Dsc04824 Dsc04820  
白鵬~notes

おしまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大阪場所を生観戦!

先週の日曜日、驚きの誕生日プレゼントをもらった。
相方君による今年のサプライズは「大相撲大阪場所・初日観戦」であったcoldsweats01
まあ、サプライズというよりは、色々調べてたら前日なのにまだチケット買えそうだぞ、って事もあったのですがwink
しかし!!子供の頃からずっと大相撲好きの家族の中で育った私にとって、本場所はいつか行ってみたいイベントランンキングのかなり上位だったlovely
毎回、場所前になるといいな~行ってみたいな~見るなら升席かな~でも枡席は高いし・・・などグダグダしていたのだった。
今回購入できた席はA席で、ほとんど一番後ろの方の椅子席だったけれど、初めて行くなら気軽でいいのかもしれないし、何より入り口では貴ノ花親方のお出迎えあり、通路や出入り口ではたくさんの力士の行き来があり、きっと通路整理係には高見盛がいて・・・と、相撲ファンにしかわからない夢の空間、なのであるlovely
会場は、地下鉄のなんばから徒歩5~6分という大阪府立体育館。
歩いていると、既に最寄りのコンビニに若いお相撲さんが風呂敷もって入っていく様子が・・・。
阿波踊りへののめりこみ方と同様、どうせ楽しむならフルに、と私たちは13時半過ぎくらいから(幕内は16時からですよ)現地に行ってしまった。
13そうです。入り待ちをして、身近にお相撲さんを見てみたい!!のだ。
大阪では、入り口が正面一か所なので、お客さんも力士たちもみな同じ通路から入っていくそうだ。
この日はお昼前から急に空が真っ暗になって雨が降って気温が下がってと寒い午後だったのだが、既にたくさんの人が通路を囲んで入り待ちをしている模様。
どうやらナイスタイミングだったようで、20分位立っている間にほとんど全ての上位力士の人たちを間近で見ることができた。
お相撲さんってなんて大きいんだろうwobbly
把瑠都なんて中にもうひとり人が入ってるんじゃないかという位の大きさだったsweat01

でも顔はやっぱり西洋人だわ~smile
そしてみんな厚い胸板の大きな体に着物を着ているので、まあ似合うことshine
到着する順番はそんなに決まってはないのだろうが、やはりほぼ最後の方になってやってきたその人は・・・
1
平成の大横綱・白鵬関!!!





この白いコートはどこで作ったんだろdelicious
日馬富士も見たけれどやっぱり白鵬のほうが断然かっこいいなー。オーラがあるなーshine
「座席からは豆粒かもしれないからここで見られてよかったね~」と既にテンションMaxの二人であったが、じゃあ入場しようか、と通路を歩き始めたら目の前を大関・鶴竜が赤ちゃんのような顔をして(いつもだけど)すーっと横切っていき、「おお~」と驚いていたら今度は佐渡ケ親方とすれ違った。
大相撲に興味のない人が聞いても全く面白くない状況説明であろうけれど、私のような長年のファンにとっては、いわゆる「テレビの中の世界が目の前に」みたいな感じなのですtv
そして入場してから、さらにさらに夢のような空間が私たちを興奮させることになるのであった・・・。
お相撲さんだけでなく、あこがれのあの人にも。ヒントは国民的スポーツ中継にかかせないあの人です。
長くなってきたので続きはまた明日fuji

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆるーい語学講座発見

今期の英会話講座が今週で終わり、GW明けまで約2か月ブランクがあくのでまた恐怖の語学力の初期化が始まってしまうsad

ここ2年程は3月にTOEICを受けることで、語彙力を少しでも増やして・・・なんてやっていたけれど、会話力自体は楽器の演奏と一緒でしばらくやっていないとあっという間にへたくそになってしまう。

しかしあいかわらず外国人の友人や隣人はいないので、どうしよっかなーと考えていた水曜の夜、ふとNHKの語学講座の番組を見たらシリーズものの「3ヶ月トピック英会話」の時間だった。

以前も内容によっては見ていたが、セットが仰々しかったり先生が棒読みだったりする事もあるので最近はちょっと敬遠気味。

でも今やっている「歌って発音マスター~ジャズスタンダード編~」は、なんだかちょっと可笑しい空気感が・・・delicious

ジャズ歌手の女性がその日の課題曲(この日は『Moon River』)を最初にやや大げさな発音で歌って、その後バーのカウンターみたいな席で森末慎二と講師の里井先生の二人が歌詞を書いたフリップを見ながら発音のポイントをおさらいしていく、という流れ。

森末さんは夢がモリモリ以来だなーなどと思いながら見ていたのだが、クールな里井先生の解説を真面目に聞きつつも、ちょいちょいダジャレでリアクションしているhappy02この日は「ふーん」と言うのを「むーん」(←Moon Riverだけに)とか言ったりして。

そしてそれに決してリアクションしない先生に、森末さんはカメラ目線で「むむっ」という顔を向け、その一瞬が終わるとまた普通にレクチャーが続いていくという、笑わそうとしているのかそうではないのかなんだかビミョーな空気coldsweats01

最後に仕上げの歌唱をジャズシンガーの方と一緒に森末さんがするのだが、歌も発音も結構上手で、「お~すごいじゃん」と感じて終わる・・・かと思えば、カウンターから里井先生が「上達した!!」と小泉総理みたいなことを書いたボードを掲げて感動しているというエンディング。

NHK語学講座らしからぬ笑いのセンス。

大体の番組は笑わせようとしているんだろうけどまったく面白くはないのだよという流れの英語講座なんだけど、今回たまたま面白かったのか、とにかく目が離せない二人。

そしてつい最近ニュースで見た2020年オリンピック招致のためにIOC委員へプレゼンする猪瀬東京都知事の英語の発音を見てしまうと・・・やっぱり多少は発音も気にしないとかっこ悪いもんなんだなと思うわけですbearing猪瀬さんごめんなさい。

この番組で発音が上達するかは謎だけれど、どうも好きな曲ばかりが紹介されるみたいなのでしばらく楽しめそうな番組を見つけてしまった。

<今日の宝物>

Dsc04775_2


今年も素敵なBirthday Present届きましたshine

Dsc04778


相方君はこれを持ってかえってきてくれましたhappy01

Dsc04785

しばらくこんな感じでブログを打ったりレポート書いたり。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

レポート締切に間にあったの巻

何とかレポートを郵送してきた。よかったよ~sweat01

さっき郵便局から出てきたときは解放感~という感じで、ホッと一息confident

週末もレポートのためにおでかけせず、パソコンの前で格闘している時間が長かったのだが、少しだけ気分転換になったのは、新入りのクリスマスローズ(白)を植え付けてベランダデビューさせたことshine

12


少し春を感じますheart04

いろいろな鉢の土の表面をよーく見ると、新芽が出たり枝の脇から新しい枝が出ようとしていたり、確実に変化が起こってるeye

痛ましい事故や事件が続くここ数週間、こんな自然の癒しが何だかとてもありがたいtulip

11

二鉢ありますよ~flair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忙しくったって一年に一度は。

昨日書いた通り、予定が大狂いにつき慌ただしくレポートに取り組んでおりますsweat01

それでもこの二人にはこの時期登場してもらわないとheart04

今年も変わり映えしませんがいらっしゃいませconfident

10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »