« 大阪場所を生観戦! | トップページ | よしこさん »

大阪場所を生観戦!のつづき

昨日書いていて興奮しすぎてしまった大阪場所の続きです。
さて、入場券を入り口でもぎってくれたのが既にどなたか親方で、とにかくそこここに体格のいいスーツを着た人(親方衆)や着物の人(付け人さん)、ふんどしの人(出場する力士ですね)がいて、自分が多少小さくなった気がして楽しい
平成の大横綱その1として、大人気だった貴乃花だが、私自身はそんなに大ファンというわけではなかった。
やっぱり現役時代あまりに騒がれすぎてたし、お家騒動も何度となくあったし、やっぱりちょっと変わってる人なんじゃないかなーなんて勝手に。
しかし、しかしです。今場所のサービス企画とかで、毎日貴乃花親方が入場したファンと握手して写真も撮ってくれる、というので行ってみると・・・
気が優しくて力持ち、とはこういう人のことを言うんだな、と納得。

私よりずいぶん年下なのに年下とは思えないような、そんな立派な親方だった
ひとりづつにたっぷり時間をかけて握手やサイン、お約束である子供だったら抱き上げてあげる、のサービスをするのでかなり行列は長くなってしまっていた。
そして行列の脇では、別の数人の親方が「どすごいボランティアチーム」という結成してチャリティーグッズの販売を元気よくしている
お~岩木山も親方としてがんばってる~。タオルを購入したら、コンビニのお兄さんみたいに「ありがとうございました~」と言われたよー。
ロビーはかなり寒くて、みんななかなか進まないのでだんだんスタッフからも巻きが入りはじめたから、私たちも急ぎめで歩みよったのだが・・・対面した瞬間から「こんにちわ~おまたせしました~」と貴乃花親方自ら進んでがっちり握手
そしてなぜかデジカメのストロボが突然壊れてしまい、おろおろしてしていたら「大丈夫ですよー急がないで」と言ってくれて、スマホで撮りなおすのも「今度は大丈夫かな?」と何度も聞いてくれた。
なんとなく仲良し3人組のように片寄せあって取った写真は、一体どうやって永久保存しよう
チャリティータオルにも丁寧にサインをしてくれて、最後にもいちど握手をしてくれた貴乃花は最後までジェントルマンだったぞー。
テレビでは、ちょっと考えてからゆっくり話す印象だけれど、実際には普通の感じのいいお兄さん、という話し方だった。
Dsc04816

これは家宝に。



ちょっと貴乃花の事でスペースを取りすぎたけれど、これだけでも現地に行って観戦してよかったなーと感じたことで。
その後、トイレに行ったら通路で北の湖理事長に会うし、高見盛や武蔵丸が出てくるし、座席に着く以前にもうきょろきょろしちゃって落ち着かない。
大阪場所、最高やんか
そんな中、私が貴乃花の次に「!!!」と興奮したのは、引き上げてくる花道のところでスタンバイしているNHKのアナウンサー。
ミスターオリンピック中継、刈屋さんなのだった
あの「伸身の新月面が描く放物線は、栄光への架け橋だ」の実況をしたあの刈屋アナウンサー(今は解説委員)が目の前に

私は刈屋さんの大ファンでもあるのだ。
実況や花道のインタビューは日替わりでローテーションしているが、刈屋さんが花道担当の日は、インタビュールームでのやりとりがいつも楽しみ。
どんなにものを言わない力士でも、何となく口を開かせてしまう柔らかさがあるので、「このお相撲さん、こんな風に笑うんだー」とかいつも意外な瞬間を見られて面白い。
私が観察した限り、刈屋さんはひたすらじーっとモニターを見つけ続け、手元に抱えたファイルを確認し、いつでもだれにでもすぐにインタビューできるよう集中していらした。
おそらくNHKのスポーツ中継でもトップに位置するアナウンサーさんだが、一記者のように緊張感を持って現場で頑張っているのが本当に素敵で、本日二度目の「惚れてまうやろー」であった。
それでは最後に、幕内力士の土俵入り、連続画像でお楽しみください。
Dsc04821 Dsc04822 Dsc04823 Dsc04824 Dsc04820  
白鵬~

おしまい。

|

« 大阪場所を生観戦! | トップページ | よしこさん »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪場所を生観戦!のつづき:

« 大阪場所を生観戦! | トップページ | よしこさん »