« 2014年3月 | トップページ

2014年4月

満開の桜と美しい馬

今年の4月で宝塚歌劇団が創立100周年、というニュースを最近テレビでやっていたけれど、確かにあの一大イベントがあった数日間は、宝塚駅周辺も賑やかで華やかだった
もちろんあの伝説のスター達が夢の共演をしたステージのチケットなんてもちろん持っているはずもなく、初日の様子はもちろんニュースや情報番組で
だから知り合いから「阪神競馬場のとこの桜が満開で綺麗だよ!」と聞いて、私たちは週末、大劇場ではなく競馬場に出かけてみることにした
競馬場は私も相方君も初めてで、駅から競馬場に向かう通路設備の立派さに、「さすが儲かってるな〜」と感心してしまった。
桜花賞の一週間前の土曜ということもあって、午前中から来る人なんてそう多くもなく、むしろ見かけるのはいかにもな雰囲気の方々が殆ど
みんな競馬新聞持ってまずはレース前に馬がぐるぐる歩くところ...パドック?で真剣にお馬さんをチェックしている
私たちは公園スペースへ移動してベンチやゴミ箱も豊富に設置された広場で新阪急ホテルの美味しいお弁当に満足
これだけ整備されてたら公園としても快適だわ。
でもせっかくだから競馬場の芝とか見てみようか、としばらくしてブラブラと芝が見える方へ歩いてみた。
スタートゲートは、馬が興奮しないためか観客席からかなり離れた、結果が表示される大きなパネルの向こう側にあって、見えないようになっているんですね。
テレビ中継ではわからなかったけど。
で、ファンファーレが鳴って、何レース目かが始まった。
スタートすると間もなく遥か遠くに綺麗なサラブレッド達が一斉に疾走する姿が見え始めるのだが、これが何ともかっこよくて
外に出て見てる人も少なかったので、ゴールのすぐ手前のフェンスにしがみついて、一番スピード出てるレースの様子を思わず激写


そしてあっという間にゴールへ。



ヒヅメの音がどどっどどっと響き渡って、それはすごい迫力だった
そして馬ってやっぱりかわいいな〜。速いな〜。


桜満開〜
いくら感動したとはいえこの日を境に競馬場通いをする事にはなりませんけど、生でみた馬のレースの迫力はなかなかのものだった
そしてお客さんを観察してみると、割と身だしなみのこ綺麗なおばあさん、普通にきれいでバリバリ働いてそうなOL風、と意外な感じの人がひとりで新聞片手に熱心にレース見てて...思わずインタビューしたくなった
馬が好きなんですか、それともギャンブルがお好きで?週末はいつもここに?
いやあまりにも、いかにもって感じの人と雰囲気違うんで...
なんだか社会科見学しちゃったな〜。
割と近くで毎週あんな特殊な世界が繰り広げられてるなんて...,
そして現実世界に戻って電車で数駅。
地元に戻ってきたらいつもと明らかに違う改札口の雰囲気。
駅周辺がお祭りのよう。
これ、もしかしてもうひとつの特殊な世界
勘のいい私たちはまっすぐ帰らず、あの場所へ向かってみることにした。
もちろん花の道を通って...つづく

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベランダにも春が。

冬に植えた球根が、長い土の中の暮らしを終えてとうとう地上に登場!



今年も可愛いです愛らしいです


今年はムスカリよりもチューリップの方が早く目覚めたかな?
青空のもとですくっと伸びてます

歩けば沈丁花の香りがするし、桜やモクレンの花がヒラヒラ揺れて、本当に気持ちのいい季節

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桜満開の季節に再会

桜が満開ですね〜
時々雨も降るけれど、寒がりの私にとっては気温が上がるのが何より嬉しく、アクティブモードが一気にON
と、それと直接関係はないけれど、先日高校時代の部活の同期会の為に実家に行った。
2月の雨の日に、母が道路で倒れて口を切ってしまいずっと閉じこもっていたので様子見も兼ねて、という感じになった
だいぶ元気になっていたので、足がダメにならないように、気分転換になるようにと一番天気の良さそうな金曜日に六義園へ枝垂れ桜を見にいってみた


もう本当に見事。外国人旅行者も興奮してたくさん写真を撮ってるし



ゆっくりゆっくり見て回れる庭園というのは、スローリーな母との散歩にびったり(^^)
まずは気分転換バッチリできたという感じ。
外出の再開もそうだけど、何より出かけるのが恐くなってしまうとまずいからね

さてもうひとつのトピックスである同期会は、そもそも今年のお正月休みに卒業以来初めての学年同窓会がきっかけだった。
すごーく楽しい高校だったので、盛り上がりも想像以上だったのだけど、やはりその時だけでは時間が足りない
私のいた吹奏楽部は、現役生の定期演奏会が3月にあるからその時集まろう、って事になったのだった。
子供なりに苦楽を共にした(って程でもないが)仲間とは、今さら気取る訳もなく、昔みたいにみんなで演奏会を聴いて、みんなで不二家に行って...というのは高校時代の話しで、今はもちろん飲み会で
そのあとおしゃれなBARに行って更にカラオケに行ってしまった
弾け過ぎ
しかしさすがは音楽集団。完璧にハモった「仮面舞踏会」「カナダからの手紙」を私は初めて聴いたわ
私とパーカッションパートの親友はタンバリンをプロ並みに叩いたわ
「今日は健康と介護の話しは辞めようね」と誓って過ごした楽しい数時間、しばらく陽気に暮らせそうなパワーをもらいました



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ