文化・芸術

歌声の力

日曜の午後は、神戸にある神戸新聞松方ホールに初めて行った。
クラシック専用の割と小さめのホールなので、ピアノやバイオリン、チェロといったソロコンサートに使われることが多く、なかなかチケットをとって聴きに行く機会がなかった。

この日は東日本大震災のためのチャリティーコンサートが行われることになっていて、出演者は幸田姉妹shine
ふふっ、倖田姉妹(来未&MISONO)ではありませんよ。
最近NHKニューイヤーコンサートなどにはよく出演しているソプラノ歌手の幸田浩子さんと、そのお姉さんでバイオリン奏者の幸田さと子さんのデュオコンサート。

実はうちの相方君は幸田浩子さんの大ファンで、徳島に住んでいたときにもNHK高知放送局で公開録音される彼女と笑福亭笑瓶の番組があると知り、わざわざ往復ハガキを買って応募してはずれたことがあるほど。

今回も偶然新聞に載ったクラシックコンサート情報で発見し、タイミングよくチケットが買えたもので、それはもう楽しみしていたdelicious

せっかくのクラシックなので、若干おしゃれをしておでかけring

松方ホールはハーバーランドにあるので、ガラス張りのロビーホールの外は海や神戸港の船。とっても素敵な場所だったship

コンサートは2時間ほどで、今回初共演となるこの姉妹が曲目も自分たちで決め、二人が自らマイクを持って進行。
ピアノの伴奏者のサポートを受けながら、バイオリンソロ曲・ソプラノ独唱・二人のデュオ曲と、次々と素敵な曲を演奏してくれたshine
たぶん初めて自分たちで企画したからだろうけれど、かなり大サービスなラインナップになっていたと思う。
バッハ・シューベルト・カッチーニなど、作曲者が違う「アヴェ・マリア」を5曲演奏してくれたり、ヴァイオリンソロでは「愛のあいさつ」「愛のよろこび」「ツィゴイネルワイゼン」と有名曲のオンパレード。
ソプラノの浩子さんもテレビで聴くより遥かに澄んでいて響き渡る歌声で、「この道」「からたちの花」のような日本の曲から本職のイタリアの歌曲まで、もう素晴らしかったnotes

姉妹のトークも、ふんわりした雰囲気ながら、関西人ならでは(豊中出身)の「間」でみんなを笑わすセンスもあり、とーってもいい雰囲気のコンサートだった。

アンコールで出てきた時に、今までニコニコと上手にお話ししていた浩子さんが、「3月11日以降・・・」と、コンサートの趣旨について話そうとして思わず泣き出してしまい、さっきまでトークが苦手そうだったさと子さんがひきとって、妹が伝えたかったことを話してくれたのは、さすが姉妹だな~と感じ、ここでもちょっとうるっweep

そして、さと子さんのヴァイオリンと顎の間に置く用の小さいタオルを強引に浩子さんが奪い、涙を拭いて、頑張って「アメイジング・グレース」を歌ってくれた。

これから10年は続けよう、と決めているというこのチャリティーコンサート。
ふたりは、継続することの大切さを十分わかっているのだろうな、と思うが、やっぱり人並み外れた才能を持っているってすごいなあ。
その才能を披露することで、チャリティーができるんだもの。
もちろんお客さんが入ってこそだけれど、「色々な形での支援」のまたあらたなひとつを見せてもらうことが出来てよかったconfident

Dsc04284

幸田浩子を見るとなぜか河合奈保子を思い出してしまう私・・古いで~すsmile

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三谷幸喜の「国民の映画」

もう10日ほど前の話しなのだけれど、久しぶりにお芝居を観にいった。
我が家は二人揃って三谷幸喜の大ファンなのだが、生のお芝居はなかなか観ることができなかった。
数年前に初めて「なにわバタフライ」を観て、戸田恵子のひとり舞台に大喝采を送った覚えがあるが、今回はそれに次いでのお楽しみ。
「国民の映画」だ。

宣伝ポスターによると小日向文世・石田ゆり子・風間杜夫などが出演するナチスが台頭してきた頃のドイツのお話のようだった。
三谷作品には常連の役者が多いが、今回はお互い共演初めて・三谷作品初めて、という役者さんが多いそうで、どんな感じなんだろうとワクワク。

大阪の森ノ宮ピロティホールというのは、大阪城公園の南東側の入り口のすぐ近くにあり、当日は「これからお花見しまっせー」という大学生の待ち合わせ・買出し集団で駅前やコンビにはえらい騒ぎだった。
コンビニの棚1列が急遽全て木炭売り場になっていたり、既にビールが大量に入っていると思われるクーラーボックスをわっせわっせと持っている子達がいたり、背中にギターを背負ってバッグにバドミントンを持っている子達がいたり・・・。
お芝居観る前から、大阪の子たちは何と元気に暮らしていることよ、とちょっと笑ってしまったsmile

そしていよいよ「国民の映画」。構成は前半1時間位、休憩をはさんで後半は2時間近い長丁場だった。
なのにセット替えなし。暗転もないので、後半は役者さん達の台詞に引き込まれていくうちに、ストーリーが展開していくのを感じ、いつの間にやらラスト、というまさに三谷幸喜渾身の脚本、と言えるようなお芝居だった。

終始「あのお方」と呼ばれ、役柄では登場しないヒトラーという存在を常に感じながら、その時代映画などの文化・芸術も自由に表現できず、大臣が国家予算をつぎ込んで役者まで選んで国民の士気を上げる映画を作ろうなどと言い出すことが許される状況。
三谷脚本は、台詞がお茶目でわかりやすいので、役者さん達が大臣や軍人、俳優に扮して登場してシビアな言葉を発しても、話しは史実と違う面白い展開に進んでいくんじゃないかななどとつい思ってしまうほど。
そして今回はうまい!と思った役者さんは?と聞かれたら「全員!」と断言できる程素晴らしい舞台役者さん勢ぞろいだった。
その中でもやっぱり声がいいなあと思ったのは、風間杜夫・段田安則・白井晃の男優陣と新妻聖子嬢。聖子ちゃん、もう少し長く歌ってほしかったなあと思うほどの圧倒的な声量で魅力的な女優さんだなあ・・とconfident
小日向さんはテレビで観るのと同じように小柄で柔らかい声なのに、裏の顔を持っていそうな、こずるさを持っていそうな、目を離せないキャラクターを存在感たっぷりに好演していた。
石田ゆり子は声はやっぱり細くて小さいけれど、とてもキュートで堂々と大臣夫人を演じていた。
更に、「消臭プラグ」のCMで、延々と殿様の格好をして歌ったり踊ったりしていたあの人(今井朋彦)も。登場時に思わず小声で「あっ、あの消臭プラグの」と言ってしまったbleah
そして大河ドラマでお江の最初の夫役だった昭和な二枚目・平岳大は、三谷作品の必須キャラクターであるハンサムなのに実はすごいとんちんかんという役柄で登場。
お屋敷内で方向音痴になり、とんでもないところから出てきたり、若ぶってはみたが年齢詐称していた為、肝心なところで足がつって銃の発砲を止められなかったり、という場面を大真面目に、長ーい手足を大きく伸ばしてすっ転んだりしていた。

ストーリーについては正直うまく説明するのは難しいdespair
宣伝大臣によって集められた俳優や作家、彼らを監視するためなのか呼ばれてないのにやってきた軍人やその他の人達が、うわべではパーティーに呼ばれて光栄、という言葉を発してはいるのだが、ナチスドイツ監視下の映画界でどうやって生き残っていくか、お互い牽制しあいながら、重苦しい何かを抱えた人々がストレスフルな会話を展開していく。
そしてアメリカが「風とともに去りぬ」を作ったのなら、わがドイツもそれ以上の映画作りを、という大臣の提案がどうなるかが話の肝かと思いきや、結末は全然違うところにあった。
どんなに献身的に主人に尽くしても、国の中で一番というほど映画文化に知識があろうとも、ユダヤ人というだけで明日からは虫ケラだと言い渡されるとは。
小林隆演じる執事フリッツが、最後に登場人物全員の史実に基づいたその後の行く末を読み上げるシーン。
ものすごく長くて正確性を求められる超長台詞。
でもこの人達、この時代、みんな真実に存在したことだったんだ・・・と観客が最後に実感させられる時間で、言い終わったあとひと時あって本当に大きな拍手が沸き起こった。
カーテンコールがあまりにも長く続いたので、多分予定外だった二度目のどん帳が上がった時に、小日向さんが恥ずかしそうにどんどん後方へ後ずさりしていくのが何だかおもしろく(だって主役なのに)happy01

あらためて三谷幸喜と、作品の関わる役者さんたちのすごさを実感した素晴らしいお芝居だった。
時代ってなんだろう、国ってなんだろう、という事も、こんな時期に観たことでより真面目に受け止めようという気持になったような気もする。
三谷さんは今年50歳とのこと。まだまだこういった素晴らしい作品をたくさんたくさん世に送りだしてくれるだろうなと思うと楽しみだ。
182

| | コメント (0) | トラックバック (0)

師走の京都・南座へ

行ってきました~今年も。師走の京都は空気がきりっと・・・と思いきや昨日はとても暖かかったsun

ここ数年、南座の吉例顔見世興行に誘ってくれる優しい友人がおり、今年は関西を離れちゃったしどうしようかと思っていたのだけれど、出演する役者さんを聞き「行く!絶対行きますから!」と言ってしまった。

そうそれは、初めて生(ナマ)玉三郎と海老蔵を見る事ができるからshine

徳島から京都は高速バスで2時間半。朝7時に出発して昼の部(10時半開演)には間に合うという事がわかり、日帰りの年末歌舞伎ツアー(参加者一人)を決行することにしたのだrock

166

12月と1月の歌舞伎は殆どの役者さんが勢ぞろいするのでとても豪華。私が歌舞伎をよく観るようになったのは関西に来てからなので、坂田藤十郎・片岡仁左衛門など上方の役者さんとその一門(ていうのかしら)は必ず観る事ができる。でもそれ以外の役者さんは毎年色々な組み合わせで。

昨年は雁次郎さんの坂田藤十郎披露も兼ねていた為やはり豪華で、松本幸四郎の勧進帳が演目になっていた。一緒に行った友人は泣いていたcrying彼女はお母さん共々歌舞伎ファン歴が長いのだが、幸四郎の勧進帳を見ると必ず泣いてしまうのだそうだ。確かに私もその熱演ぶりに自分の背中が汗で熱くなったconfident10メートル位先の舞台の上でひたすら舞っているだけなのに人を泣かせる事ができるなんてすごいなーと思ったし、その熱演を真っ直ぐ受け止めて涙を流せる彼女の感受性にも感動してしまった。

今年はやはり玉三郎。「NHKのプロフェッショナル~仕事の流儀」で玉三郎が出ていたのは夏頃だったかな?その歌舞伎オンリーのストイックな生活ぶりを見て本当に驚いた。毎日の公演のあと、役者さんってひいきのお店に食事や飲みに行くというイメージがあるが、まず行く事はないそうだ。毎晩帰ると専属のストレッチをしてくれるトレーナーさんが家に来て、体をリセット。フリーの時間も全て歌舞伎・歌舞伎・歌舞伎中心。それを何となく続けてきたらいつのまに40年たちました。とさらっとおっしゃっていて、一層その舞台を観てみたかったheart04

今年は景気の悪化のせいか、去年・おととしに比べ空席が目立ったような気がするけれど、それでも場内は熱気ですごい。着慣れない着物で着ている人もいれば、もう半世紀位見続けてるんだろうというおばさまもいらっしゃる。今年は2つ隣の席に「成駒屋!」とか呼びかけるお客さんが座っていたのでそれも楽しめた。まだせいぜい40代後半か50代の男性で、ちゃんと着物と羽織を着ていた。どんな仕事をしている人なんだろうか~。

玉三郎はもちろん素晴らしかった。もうどの女形よりも美しいのは言うまでもないのだが、おばあさんの役になると、よくいる普通のおばあさんの振る舞いでどたどた歩いたり、よっこいしょと座ったりhappy01舞台役者さんはおばあさんでも「はい~」と甲高く返事をしがちなのに、玉さんは「はぁ」とリアルおばあちゃんだった。いるいる、という感じ。勘三郎同様お客さんを楽しませる事に全身全霊を傾けている役者さんなんだなあと思って一層大好きになった。

165 ごひいきさんからは、花輪ならぬ竹のご祝儀がたくさん飾ってあった。舞妓さんや芸妓からの名前がいっぱい。

それから市川海老蔵。彼が出てくると、オペラグラスを持ってるお客さんがザッと一斉に目にオペラグラスをあて凝視しているeyeまあ私もそうだったんですけど。

いやあホント男前でしたねー。あの端正な顔立ちには、外国の方が浮世絵そのもの、と思っちゃうんだろうなあ。夜の部の「光源氏」なんてぴったりだ。私は顔よりも海老蔵の声が好きだけどなぁ。それにしても、彼のようなスターdiamond性のある人が舞台に出ると盛り上がって良いし、その若々しさが、吉右衛門や仁左衛門といったベテランの人たちの艶を引き立ててまた良い味が出ている気がする。

たくさんの役者さんと裏方さんの連携プレイで作り上げる歌舞伎。観る度にはまっていく。まだまだビギナーだけれど、これからもたくさんの作品を生で観たいなあと思いつつ、高速バスで徳島へ帰っていく私なのでした。

167

夜の南座もとても風格があってすてきです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

寒い夜に熱いマリンバのコンサート♪

今日もスキー場の様な寒さですね~snow

午前中は英語のお勉強で、大学の教室で過ごしたのだけれど、外に座ってるのと変わらない位寒かったcoldsweats02

自分が学生の頃だったら「寒い寒~いhappy02終わったらドトールに行こうよ~」なんて言って乗り切ってしまうところだが、この年齢ともなると、「部屋が北向きでカーテンがないからだろうか」と分析してみたり、「大学も経費削減で年内は暖房費けちってるのかも」と想像したりと、いつまでも寒さそのものについて考えてしまうのだ。

もちろん今日も学食でランチ。食べると温まりますnoodle今日初めて知ったのだが、ここでもらうレシートには、自分がチョイスした単品メニューの値段と共に、カロリー、塩分、緑黄色野菜の分量などが金額の下に明記されているのだ。すごい!!

さすが医学部を抱える国立大学(今は国立と言わないかしら)。ちなみに今日は687kcalだって。

ところで昨晩、寒空の中、近くのホールへマリンバのコンサートを聴きに行ってきた。

マリンバってご存知でしょうか。簡単に言えば木琴のでかいヤツ・・なのだが、本当に良い音がするので私は大好き。特に低音の響きが素敵なのだ。

高校の頃、吹奏楽部でパーカッションだった私にとっては、マリンバは「移動の為に、運んだり組み立てたりするのに超緊張する楽器」だった。

昨日は京都在住のプロマリンバ奏者通崎睦美さんという方のソロコンサート。

英語講座で一緒の方からお誘いを受けて行ったので、どんな人が予備知識がなかったけれど、とても素敵なマリンバだった。5歳からマリンバに接し(これだけでもすごい)、私とほぼ同世代だから、30年以上マリンバをたたいている彼女。他にも着物もコレクターとして、ゆかたのプロデューサーとしても和楽などの雑誌にも登場する多才な方だそうだ。

プロの打楽器奏者の人は、ピアニストやバイオリニストとはまた違った雰囲気があって、楽器を「おもしろい」と思ってる気持ちがすごく強いと思う。サロンコンサート風の進行だったので、曲間に色々楽器の事や曲目についてのお話をしてくれるのだが、変幻自在のこの楽器をとても楽しんでいる、という感じ。1部はおしとやかに、2部はやんちゃにやりますよ、うちの相棒は(相棒とは言わなかったケド)、と説明してくれた。

その通りに、モーツァルト・バッハなど正統派クラシックからピアソラの激しいタンゴまで、手が何本あるのだろうという位マレットを操りまくって素敵な音楽を聞かせてくれた。

このコンサート、会員制だそうで、みんなとてもお行儀がよく、近くの人がうるさくて気が散るということがなく没頭してしまったshine運営も会員達の持ちまわりで、最後の花束贈呈も、シルバーなおじ様(今回のお当番さん)がちゃんと背広着て、緊張した面持ちで壇上に登場していたのでそれもほほえましかった。

クラシック専用ホールのない土地では、逆に自分達でアーチストを呼んで聴く機会を作るんだと知って感心してしまった。

帰り道は耳がちぎれそうに寒かったけれど、アンコールで聴いた「チャルダッシュ」(浅田真央ちゃんが2年前のフリーで使った有名曲)がいつまでも頭の中をぐるぐる回って楽しかったですよ~notes

<今日の花壇>

143 お花達も寒そう。でも頑張って咲き続ける黄色い薔薇。花言葉はJealousysign04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『ザ・サニーサイドジャズオーケストラ』のサウンドにSwing!

今朝起きたら「緒形 拳死去。」とめざましテレビで軽部さんが言っていた。

緒形拳といえば「楢山節考」「鬼畜」などの代表作が・・と番組では紹介していたが、私の好きな緒形拳といえば、日テレのドラマ「ちょっとマイウエイ」という今をさかのぼる事・・うん十年前の番組tv

さすがの私もまだ子供(といってもちっちゃくはなかった)だった頃。土曜夜9時、池中玄太とか熱中時代とかの枠だったから見ていたんだと思う。

レストランを舞台に、桃井かおりとか八千草薫と緒形拳との会話がなんか素敵で、「大人の会話ってこういう感じなのかぁ。」と少しドキドキしながら毎週欠かさず見ていた記憶があるconfident

映画も大作品ではなく「大誘拐」での刑事役が好きだった。確か風間トオル(懐かし~)達若者と北林谷栄ふんするおばあちゃん(これが最高)対、このおばあちゃんを慕っている刑事役:拳さんとの誘拐合戦みたいなお話しだった。

舞台の和歌山もすごく自然が綺麗で「和歌山行ってみたいなあ」とまで思ったものだった(その後調べたら、和歌山は本州の中でも結構遠いことがわかったのだが・・)。

ところで話しは変わるが、先週末の土曜夜、久々にジャズに酔いしれたnotes

徳島が誇る(らしい)『ザ・サニーサイド・ジャズ・オーケストラ』というアマチュアビッグバンドの30周年記念リサイタルを聴きにいったのだ。

場所は郷土文化会館といううちから徒歩7分位の場所。当日券も行列に並んで購入。やはり結構人気なのだ。こちらに越してきてからも、地元の季節のイベントでは大体チラシに「ザ・サニーサイド・・・ライブ」って載っているし。私が生で聴くのは初めてだ。

そして聴いた感想は・・・もうすっごく良かった!ホント\1,000でごちそう様でした!という感じ。ブラバン魂を持つ者としては、ビッグバンドの演奏は燃えるimpact3時間に渡る熱演では、初めて聴く曲の方が断然多かったのだが、何といってもトランペット軍団とドラムがとても上手なのが嬉しかった。

このバンドを30年前に作ったというバンマス林さんを始め、他のトランペッターも会社で見かけたら明らかに管理職って感じなのだが、象さんの鳴き声のようなパオーンという音出せば、フリューゲルホルンで「夜のバー」みたいな音も出す。

他のパートのソロなんかで全員休んでる時は、みなさん「会議中の部長」みたいな渋い表情で待ってたりしてとっても素敵(何のこっちゃ)。

とてもファンになりました。帰宅してからプログラムを読んでいたら、何とうちのマンションの斜め前にある自動車整備工場の上が練習場と書いてあった。おおっ!そうだったのか。最近、夜ウォーキングに出る時、漏れ聞こえてきたあの音はやっぱり皆さんの練習だったのね。これからもご活躍をgood

<今日のお庭>

108 暑さが弱まりゼラニウム完全復活!

106 秋になったのでラベンダーを剪定。ちっちゃくなっちゃった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)